一龍斎 貞鏡(いちりゅうさい ていきょう)|講談協会所属

本名 浅井靖世
誕生日 1月30日
出身地 東京都渋谷区
中陰光琳桐
血液型 A型
身長 165センチ
趣味

プロフィール

実父が講談師・八代目 一龍斎貞山、祖父が七代目 一龍斎貞山、義祖父が六代目 神田伯龍であり、世襲制ではない講談界に於いて初の三代続いての講談師。
各地で行われる演芸会の他、テレビ出演、幼稚園児~大学生に向けた学校寄席、企業向けの講演会講師、ナレーション、新聞の連載など、講談を活かして様々な方面で活躍中。 女性ながらも骨太で迫力ある講談師と評され、赤穂浪士の義士伝から恋噺、滑稽噺、新作と幅広い講談を読みこなす。中でも毒婦(悪女)伝と怪談噺に定評がある『格調高い講談の美しさと魅力を拡め、初めて講談をお聴きになるお客様にも分かり易くお楽しみ頂けるよう精進致します』

※ウィキペディア「一龍斎貞鏡」2014年2月14日02:25 のYo1818による投稿は、このWebページの作成者によるものです。

芸歴

平成20年1月 八代目・一龍斎貞山門下に入門 見習い
平成20年4月 前座修業開始
平成20年4月 上野広小路亭『一龍斎一門会』にて初高座
平成23年 講談の基礎・修羅場を中心としたネタおろしの勉強会『一龍斎貞鏡の会』開始
平成24年2月 二ツ目昇進
平成24年3月 内幸町ホールにて『二ツ目昇進の会』開催
平成24年5月 内幸町ホールにて『二ツ目昇進の会』追加公演開催
平成25年3月 貞鏡独演会開始
平成28年3月 ピアノ講談初演
平成28年4月 三越劇場『三山ひろし奮闘公演』出演
平成29年7月 東京新聞『笑う門には福来る』毎月コラム提供開始
平成29年8月 NHKラジオ『真夏の話術』決勝進出
平成29年4月〜 大妻女子大学特別講師
平成29年10月 赤坂独演会『日本全国 土地に纏わる講談を読む』開始
平成29年12月 東京学芸大学特別講師
平成30年6月 産休明け
平成30年9月~ 四谷怪談所縁の陽運寺にて『四谷怪談 連続読みの会』開始
令和元年4月~ 三山ひろし~笑顔を届けます~コンサート2020レギュラー出演
令和元年6月 横浜にぎわい座のげシャーレ独演会『善い女と悪い女を読む』開始
令和元年7月 保育園にて『紙芝居講談』初演
令和2年10月 大塚製薬『SOYJOY 新製品発売CM配信』

七代目一龍齋貞山と八代目

七代目 一龍齋貞山

明治40年6月2日 東京・深川生まれ
大正11年 六代目一龍齋貞山門下へ入門。
芸名は本名のまま「貞之助」
昭和6年 「一龍齋貞鏡」と名を改め、真打昇進
昭和22年 七代目「一龍齋貞山」を襲名
昭和41年12月7日
五代目宝井馬琴、五代目一龍齋貞丈と共に、講談界の三羽烏と言われ、長らく講談組合の副頭取をつとめる。怪談噺を得意とし、「お化けの貞山」と呼ばれた。

八代目 一龍齋貞山

昭和22年9月3日 七代目貞山の長男として東京・牛込で生まれる
昭和41年 父が没した為、六代目神田伯龍の養子となる
昭和45年 六代目神田伯龍門下へ入門。
芸名は「神田伯梅」
昭和54年 真打昇進。八代目「一龍齋貞山」を襲名
平成元年 文化庁芸術祭賞受賞